日本一離婚率が低いのは新潟県!

新潟 浮気調査

総務省の統計によると全国で最も離婚率が低いのは「新潟県」とのことです。
シングルマザーや独身女性が増えているなか、非常に興味深いデータですよね。
その理由を探ってみると、新潟県の女性たちはとても素晴らしい県民性をもっていることが判明しました。
男性をがっちり捕まえて離さない、新潟女の秘密を探ってみましょう。

新潟女が男を離さない理由とは?

総務省統計局 『社会・人口統計体系(2008年)』の調査によると、新潟県の離婚率は第47位で全国でいちばん離婚しない県となっています。
では、なぜ離婚率が低いのでしょうか。

 

その理由は、男性をがっちりと掴んで離さない「新潟女」の県民性にあるようです。
「新潟女」の県民性は、明るくて気さく、誰とでも仲良くなれるフレンドリーを持っていると言われています。

 

これは、明治時代までは新潟が日本でいちばん人口の多かった港町ということも関係しているのではないでしょうか。
多くの人々が行き交い、大きく発展してきた新潟で育てば、そのような性格になるのも納得ですよね。

 

そして、新潟女はバイタリティーに溢れ、逞しく男性をけん引する強さを秘めているのです。
この強さは、新潟の厳しい気候から生まれたものかもしれないですね。

 

日本海に面した土地柄で雨や豪雪が多く、特に冬場は厳しい寒さが新潟を襲います。
この気候を乗り越えてきた屈強な精神力や体力は、女性のみならず男性にも構築されており新潟県民を代表する性格といえます。

 

新潟県出身の女性有名人は、エステサロン経営者のたかの由梨や、大御所演歌歌手の小林幸子、人気モデルの西山茉希などがいますね。
どなたも一本筋が通って芯が強い印象を受けますよね。

「杉と男は育たない」

新潟県の県民性としてよく語られるのが、「杉と男は育たない」ということです。
これは、冬には冷たい風が吹くため杉が成長しないということと、雪のように白い肌を持つ越後女の魅力に骨抜きになってしまい男がフヌケになるということを表わした言葉です。

 

また、「女房にするなら越後女」とも言われており、それは働き者で夫に尽くすからという意味なんだとか。
色白で尽くす女房とは、最高のイイオンナですね。

 

あと、新潟女の極めつけは、美人がとても多いということ。
新潟美人といえば有名ですが、その美しさは『新潟美少女図鑑』というフリーペーパーが発行されるほどです。

 

この図鑑に登場するのは、新潟県に住む一般女性たちですが、その美少女っぷりとクオリティーの高さが受け配布開始からわずか1週間ほどで2万部が品切れになってしまうとのこと。
一般人まで美人ぞろいとは末恐ろしい新潟女たちですよね。

 

美しさの秘密は、米どころである新潟ならではの日本酒にあったようです。
新潟県民は酒好きで、とくに日本酒は全国の年間消費量第1位(平成21年国税庁調べ)です。

 

日本相撲協会診療所の林盈六医師が、力士5名の協力のもと実験したところ、日本酒を飲んだときは他のアルコールに比べて体温が2度ほど高い状態が続くという結果が出ました。
体温が高ければ、皮膚表面の血液循環が良くなり美肌効果が期待できます。
冷えの予防もでき、健康にも良さそうですよね。

 

さらに、日本酒には、シミやホクロの原因となるメラニン色素の生成を抑えるコウジ酸が含まれています。
新潟女の白い肌は、雪深い環境と、日本酒がもたらしたものなのかもしれません。